出産費用が足りなくて困っている方へ・・・!

国から助成金が出るのを知っていますか!?

 

出産費用がない!足りない出産費用をローンで借りるなら!

出産費用の平均金額は45万円から50万円

 

国から補助金が最大42万円支給される

 

助成金の支給は出産後約2ヶ月後

 

 

今、出産費用が足りない方でも・・・

 

 

当座の資金をローンで払って2ヶ月後に助成金で返済する事が可能なんです!

 
 

出産費用を一時的に借りるならコチラ

↑プロミスはメールアドレスとWeb明細利用の登録で「30日間無利息サービス」

 

出産費用がない時にローンを活用する

 

出産費用がない

出産費用は平均して、45万円〜50万円ほどかかると言われています。この金額は少ない金額ではありませんので、かなりの負担になってしまいます。ただし、出産時の費用は国からの助成金、補助金が最大42万円出ることになっています。

 

出産費用の補助金は最大で42万円。

 

ですから、仮に50万円の料金がかかったとしても、単純に計算すれば「50万円-42万円」で実際に支払う金額は8万円で済むということです。現在では補助金支給までの約2ヶ月間、一時的に足りない費用をローンなどで借入して補うという方も数多くいらっしゃいます。

 

 
 

一時的に出産費用がない、足りないケースは意外と多い?

国から補助金が出るとはいえ、出産時に手元に資金がないというケースは多いです。子供を授かるというのは突然にやってるくものですからこれは仕方ありません。

 

出産費用 借りたい

お金が足りない際には、親や親戚から、またはキャッシングやローンで出産費用を借りて、後日補助金が支給された時にまとめて返すというケースも現在ではとても多いです。

 

 

補助金の支給時期は?

出産費用の補助金の支給時期は、通常出産して退院した月の25日に請求ができます。申請後は4週間ほどで支給されます。仮に1月1日に出産したとすると、1月の25日に申請可能で、早ければ2月末には助成金を受け取ることができるということです。
(参考サイト→※厚生労働省ホームページ

 

 

出産費用を借りる・借りたい場合にオススメのキャッシング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>

 

 

プロミス

30日間無利息サービスがありがたい!

プロミスには、30日間無利息サービスがあります。メールアドレスとWeb明細利用の登録で、30日間金利0円でお金を借りることができます。

 

大手だから安心!

大手キャッシングサービスですので安心して利用できるのが人気の理由です。詳細はプロミス公式サイトを確認して下さい。

 

 

助成金が出るまでの一時的な費用として、カードローンやキャッシングなどを利用するのは便利な方法です。ローンと言っても、返済の目処が立っている状況であるならば頼ってもいいですよね。

 

今は、ネットから申し込み、契約完了までできるサービスも多く、また、無利息期間を設定しているサービスもありますので賢く活用すれば助かるサービスだと言えます。

 

おすすめサービス
◎→プロミスの詳細