出産費用 ローン -出産費用がない時には。

出産費用がない時にはローンを組んで出産費用を借りる方も多くいます。

 

出産時には国から助成金が出るからです。助成金は最大で42万円まで支給されますから一時的に借入をする方が多くいるのです。

 

ただし、助成金が支給されるの出産後になりますので、当座の資金がない場合別のところからローンを組んで借りて、出産後に助成金を利用して返済するということです。

 

ローンを借りる際のポイントとして、約1ヶ月〜2ヶ月で補助金が支給されるのが一般的ですので、無利息期間のあるキャッシングローンを利用することをオススメします。

 

親や親戚から借入をして賄えれば良いこともありますが、どうしても借りられない場合や、余計な心配は掛けたくないという時には安心して借入申込が可能なローンを考えてみてください。

 

出産費用の足りない資金をローンで借りた方の体験談

 

出産費用は60万円でした

私が通っていた産婦人科は個人で経営している病院だったのですが、入院は全て個室、料理がおいしいなど、先輩ママからの評判がいいこともあって惹かれて選びました。

 

値段については、最初に問い合わせた時に、50万円ぐらいからと聞いていました。ただ、この時期は私の家庭はお金のやりくりに困っていて、50万円をすぐに払える状況ではなかったのです。

 

でも、国からの補助で42万円もらえるので、50万円と考えても、自己負担は8万円。多くても20万円ぐらいかなとは思っていました。

 

結局退院する前に明細をもらって見ると、出産費用は60万円でした。
値段が少し高くなった理由としては、私の分娩が時間外だったことです。
時間外になると分娩費用が上がります。

 

事前に10万円は契約金として支払う事になっていたのですけれど、足りないぶんは一時的に無利息ローンを利用して払いました。補助金の42万円はあとで振り込まれた際にローン会社に返すという感じです。

 

結局自己負担は18万円になったのですが、高いですが許容範囲だと思いました。
費用に関しては、先ほど書いたようにローンで大部分を借りて払いましたし、少ないですが夫婦の貯金からも出しました。

 

国からの補助が出るので、とてもありがたいと思いますし、60万円自己負担ならきついですが、42万円を差し引いた18万円だったので助かりました。
思いがけず妊娠して、費用が準備できていない人は、大変かなと思いますが、無利息期間のローンと補助金を利用すれば出産費用のピンチはなんとかなりますので元気な赤ちゃんを産んでくださいね。