少子化解消のために出産費用は全額国持ちがいいな

少子化解消のために出産費用は全額国持ちがいいな

 

私が一人目を出産したのはもう20年ほど前のことになりますが、前夜に陣痛が起こって子宮口が全開になっても破水をしなかったので、翌朝、先生に破水をさせてもらっての出産でした。

 

個人病院のシャワートイレ付きの個室で母子共に健康で入院期間は六日間、出産入院費用は23万円ほどで結婚時に出産費用にと親が持たせてくれたお金で支払いました。
二人目はそれから三年目、微弱陣痛で薬を使っての出産になりましたが母子共に健康で、同じ病院同じ個室で入院期間は七日間で費用は28万円ほどで、親に持たせてもらったお金で支払おうとしたのですが主人の両親からの申し出で、嫁ぎ先に出してもらいました。

 

保険の一時金は税金などで賄って欲しい

二回とも、出産入院費用を自分達で支払うことはなかったのですが、いくら健康保険で出産一時金が出るとはいえ一旦は支払わなくてならなかったので、当時貯金もそれほどなかったので親の気遣いは有り難かったです。

 

今、少子化の原因のひとつに定期健診や出産費用がないというのを聞いたりもします。そういう時は無利息ローンなどを利用してその後に補助金で返済するという話も聞きますよね。
少子化を真剣に考えるのならば、定期健診と出産費用は税金で賄うようにして、手続きをしなくても保険証の提示だけで病院の窓口で高い費用を支払わなくてもいいシステムを作って欲しいと思います。