主婦のキャッシング こんな時に

主婦のキャッシング、家計のピンチを連想される方が多いかもしれませんが、実はそれ以外にも理由があったりします。
今回は、家計のピンチ以外で考えられる主婦キャッシングの理由についてご紹介していきます。

 

出産

出産は病気ではありませんので保険がききません。
ですが、保険適用にならないとかなりの負担になってしまいますよね。そこで、各自治体が母子手帳を発行する時に検診で使える費用を軽くするための券をくれたりします。
出産をする費用についても、出産一時金として42万円が支給されます。
これは出産を控える主婦にとっては非常にありがたいことです。ですが、注意点があります。この出産一時金の受け取りには、出産→産院による出産証明書→役所(児童手当などを取り扱っている課)で手続き一ヶ月か二ヶ月後に指定銀行口座へ振り込まれる……という流れになります。
しかも、手続きに行かなければならないのは世帯主です。もしも世帯主がどうしても平日役所へ行くことが難しい場合は、世帯主の同意サインをもらった上で主婦が代わりに手続きすることもできます。この時、世帯主名義の銀行通帳を忘れないようにしましょう。
産院によっては直接支払い制度といって、上記のような手続きを踏まずとも出産一時金を出産費用に充ててくれるところもありますが、そういった制度が使えない産院もありますので注意が必要です。

 

ブランド物が大好き

ブランドに目がなく、限定物が出たらどうしても欲しくなってしまう主婦の方は結構多いです。給料日になれば返せる……。そう思ってブランド品購入のためにキャッシングへ走ってしまう主婦もいます。

 

必要な家電が壊れた

家事をする時に必ず要る冷蔵庫や洗濯機などの大型家電。一つ壊れると何故か連鎖して壊れてしまったりします。
そんな時に資金繰りが厳しい状態だと、主婦はキャッシングに走る傾向があるようです。

 

出産時の主婦が借りるなら